トップページ > Q&A

「地域住民のためのコンサート」Q&A

Q 指定管理者も主催者となり、コンサートを実施することは可能ですか?
A 都道府県、市町村、弊財団に加えて四者共同主催で実施します。
Q 指定管理者が民間企業や商工会等でも申込みすることは可能ですか?
A 市町村から指定を受けている団体であれば問題ありません。
Q 実行委員会がコンサートを運営する場合、実行委員会から申込みすることは可能ですか?
A 実行委員会に運営いただくことは可能ですが、申込みは必ず市町村や市町村教育委員会からお願いします。
Q 過去に採択されたことがありますが、再び申込みすることは可能ですか?
A 何度でもご応募いただけます。
Q 会場の規模(客席数)に制限はありますか?
A 制限はありません。
Q 都道府県立ホールは対象ですか?
A 対象外です。
Q 予定の会場は建設中ですが、申込みすることは可能ですか?
A 年度内に開催が可能であれば問題ありません。申込みの際に会場資料が必須となりますので、可能な限り添付してください。
Q 市町村内に文化ホールはありませんが、申込みすることは可能ですか?
A 文化ホールが無い場合は、公民館や市町村立の体育館(学校含む)を会場にすることが可能です。
Q 会場に反響板はありませんが、コンサートを開催することは可能ですか?
A 会場に反響板として代用可能なパネル等があれば使用します。無い場合は、弊財団所有の仮設反響板を持込みます。(送料は弊財団負担)
Q コンサートの前日や翌日もホールを使用しますか?
A 公演によってピアノ調律や舞台の仕込みのために前日もホールを使用します。また、クリニックを行う場合はコンサートの前日もしくは翌日にホールやリハーサル室、練習室等を使用します。
Q 会場にピアノはありませんが、ピアノをレンタルすることでピアノを必要とする公演を開催することは可能ですか?
A 可能です。但し、レンタル費用は開催地主催者がご負担ください(ピアノ2 台を必要とする公演を除く)。なお、レンタルするピアノはメーカーや機種を指定する場合があります。

MENU